気功

久しぶりにちょっとひどい風邪をひいてしまいました。
気功を始めてからずっと健康そのものだったのですが、このところ忙しくて気功の修練が不足していたのも原因かもしれません。

気功と言うと「何か怪しいもの」と思う方もいるかもしれませんが、中国では数千年の歴史があり、近年はアメリカでも保険診療の対象にしようという動きもあるような技術です。
ここで私がお話しているのは、気功の中でも治療に役立つ医療気功のことです。
他にも武術で使う気功などもあるようですが、私が関心を持って訓練しているのは医療気功です。

気功は、情報空間から物理空間まで連続するこの世界の中で、物理空間よりも少しだけ上の抽象度に働きかけるための手段として非常に効果的な技術です。
肉体を駆使して、「氣」と呼ばれる不思議なものを扱っているように見えて、思考の抽象度を高めて、世界を広く見ることができるようになります。

もっと詳しく書きたいところですが、今日は熱があるようなのでもう少し元気な時にご説明したいと思います。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございました。