久野和禎

プロフィール

久野和禎 Kazuyoshi Hisano

プロコーチ・講演家 
コノウェイ株式会社代表取締役
一般社団法人コグニティブコーチング協会 副代表
一般社団法人フィードフォワード協会 代表理事
一般社団法人国際営業代行協会 理事
テンプル大学講師(認知科学、コーチング)

最近、「コーチング」や「フィードフォワード®」という手法に注目している経営者が増えています。
それは、どんなに優れた人でも自分一人では越えられない壁があるからです。

もちろん、「コーチング」や「フィードフォワード®」は経営者だけでなく主婦・OL・学生などにとっても大いに役に立つものです。
今、私は経営者とのセッションを通じて確立したゴールドビジョン®メソッドを、一人でも多くの方に届けようと燃えています。


活動経歴

東京大学経済学部卒。筑波大学MBA(International Business専攻 主席卒業)。プロフェッショナルコーチ。

幼少期にサンフランシスコ(米)で育ち、高校時代はロンドン(英)の全寮制学校で生活。
大学卒業後に起業、2社を並行して経営。

その後、文化放送キャリアパートナーズを経て、フィリップス(蘭)、タイコエレクトロニクス(米)、ビューローベリタス(仏)日本法人にて、新規事業開発、経営・事業企画、営業、マーケティング、ファイナンス、ロジスティクスなど多岐に渡る分野でマネジメントポジションを歴任。

その後、ProFuture株式会社(旧HRプロ)の常務取締役兼COOを経て、2015年12月にコーチングを軸としてコンサルティングを加えたサービスを提供する総合経営支援企業、コノウェイ株式会社を創業、代表取締役社長に就任。

メンバー個々の強みを生かし、伸ばすことで組織にハイパフォーマンスカルチャーを醸成・定着させる手腕に定評があり、認知科学を基礎とした最先端の「コグニティブコーチングTM」を習得し、自社ブランドの「CEOコーチング®」及び「ゴールドビジョン®メソッド」の普及を行っている。また、コグニティブ・コーポレート・コーチングTMの発起人であり、認知科学者の苫米地英人氏の右腕としてこのプログラムの開発及び普及活動に尽力している。
大手から中堅中小まで、様々な規模の会社の社長・経営者、さらにはサラリーマンやOLまで、幅広い対象のクライアント層に対してコーチングを行っており、グループ、マンツーマンで数千人に対してのコーチング実績を有する。企業に対しては、個々の強みを生かしながら、組織にハイパフォーマンスカルチャーを醸成・定着させることを得意としている。
著書に『思い描いた未来が現実になる ゴールドビジョン』(PHP研究所)、『「組織が結果を出す」非常識でシンプルなしくみ』(共著、開拓社)がある。