Manager Juku 続き:成果

Manager Juku 続き:成果

Manager Juku の続きです。

前回も書きましたが、マネージャーの仕事は成果を生むことでした。
ここでいう成果は短期的なものと中長期的なものに分けることができます。

「短期的な成果」:組織によって異なる
「中長期的な成果」:組織を問わず共通

ここで気をつけないといけないのは、組織は企業に限定されないということです。
非営利の組織、スポーツチーム、その他人が集まるところは全て該当します。

組織には様々な種類があり、必ずしも営利目的の企業が全てではありません。
それゆえに「短期的な成果」は組織によって異なるのです。
組織が営利企業であれば、顧客、株主、従業員、いわゆるステークホルダーの利益が成果になります。
非営利の組織には別の成果があるでしょう。

これに対して「中長期的な成果」は組織を問わず共通です。
究極的にはいかなる組織の成果も人によって生み出されます。
ですので、中長期的にはマネージャーの成果はどれだけ人を育てることができたかで表せます。
十分に人を育てることができたなら、上での述べたような短期的な成果を生み出すことができるからです。

マネージャーは、「短期的」にはステークホルダーの利益を高めるのが仕事であり、「中長期的」には「短期的」な成果を生むことができる人を育てることが成果となります。

短く見れば、マネージャーの仕事はステークホルダーの利益を生むための目標設定や達成方法の決定、実行などが重要になります。
ただ、こういったことばかりやっていると毎年同じことの繰り返しで進歩がありません。

だから長い目で見れば、人材育成こそがマネージャーの仕事なのです。

次回は人材育成の方法について書きたいと思います。