ここが違う、とそろそろ。

ここが違う、とそろそろ。

これまで詳しく書いては来ませんでしたが、私たちが行っているコーチングは認知科学を基礎としている点において、心理学を土台としたコーチングからは進化したものです。

細かく言えば、心理学が進化した認知心理学を含む認知科学が基礎となっている点において明らかに世代が異なるということです。

これは科学の進化によるものですので、やはり最先端のものが優れているというのは無理のない話だと考えています。

ニュートン力学より相対性理論、相対性理論よりも量子論、というのは科学の進化によってそれまで説明できなかったことが説明できるようになった、というのと同じで認知科学になって心理学だけで説明できなかった部分が解消されたということです。
もちろんこの先、さらに先の理論が出てきて更新されることになるかもしれませんが、それはその時のこと。
進化したコーチングが生まれるだけのことです。
ただし、今の段階では脳を理解するには認知科学が最先端で、しばらくはこのままま続くと考えられます。
この辺りが私が伝えているコーチングで、もちろん質問やコミュニケーションの技術などというのとは次元が異なるレベルの深く広い哲学です。
これからは徐々にこのあたりの違いを伝えていく必要があると考え始めています。