伏線

ストーリーの大切さを痛感して、本屋でかなり悩んで小説を買いました。
選んだのは人気の恋愛小説。

ちょっと恥ずかしいのでタイトルは今のところ控えておきますが、これが人気があるだけあって引き込まれる展開でした。

結末に向けて、様々な伏線が埋め込まれているのを読み終えた後に気がつき、読みなおしてみると散りばめられているエレメントがすべて結末に向かっている見事さに感心することしきりでした。

なるほど、ストーリーとはこういうことか、膝を打ちました。