速読

速読ができるようになりたいという方は多いと思います。
そして、世の中には様々な速読の方法があります。
私自身は色々な方法に取り組みましたが、ある程度のコツを身につけつつ、結局はたくさん読むしかないというのが結論です。

そのコツについては私が説明することもできるのですが、まだまだ訓練中ですので、私が学んでいる方法が説明されている本をご紹介します。

私がお世話になっている苫米地英人先生のクロックサイクルの速め方 ~脳が2〜32倍速になる特殊音源トレーニングCD付~という本です。

この本で説明されているのは日本語の速読ですが、方法は英語でも全く変わりません。

この本で書かれていることに加えて、私がこれは大事だな、と思うことがあるので書かせて頂きます。

私たちは、自分たちの脳の潜在能力を信じる必要があります。
よく私たちは脳の3%しか使っていない、などと言われていますが考え方としてはこれと同じです。
つまり、まだ余力は十分すぎるほどあるのだから自分はもっともっと脳を活用できる、と信じることです。
そしてもう一つ、英語でも速読できる、と信じることが重要です。

すでに十分に理解されている方も多いと思いますが、人間の活動は自分自身で作った限界によって制約されます。
「速読なんてできない」「英語での速読は難しい」と思えばその通りになります。
そうならないために、ぜひ自分の脳のポテンシャルを信じてください。
その上で上記の本を読んでいただければ具体的な方法を身につけることができると思います。

今日も読んでいただきましてありがとうございました。