あなたの価値は下がらない

あなたの価値は下がらない

「すごい!」と思う話を聞くことは多いですか?

・短期間で大きく飛躍した人
・若くして次々と成功を重ねた人
・ちょっと想像するのも難しいような逆境から、むしろそれをバネにして大成功した人
・もともとお金持ちだったり、才能に恵まれていて、はた目には何の苦もなくとてもない成果を出した人
・うらやましいようなエリート街道を歩いて、そのまま欲しいものをすべて手に入れた人

そんな話に出会ったときにどう感じますか?

うらやましいですか?
悔しいですか?
悲しいですか?
ひがんだり、やっかんだりしますか?

うーん、気持ちわかります。
そういう気持ちがダメとは言いません。
自然にわいてくるそういう気持ちを無理やり抑え込んでも苦しいだけです。

私だって、同じように思いました。
かつては。
そして、「自分には何が足りないんだろう?」なんて考えたこともあります。

でも、実は違うんですよね。

何が?

だって他の誰かがすごいことを知ってもあなたの価値は少しも変わらないんですよね。
そうあなたの価値は変わらないんです。
少しも。

あなたはあなたで素晴らしい。
これを言い換えると「わたしはわたしで素晴らしい」あるいは「俺は俺で素晴らしい」ということです。

繰り返しますが、誰かがすごくてもあなたはあなたで素晴らしいんです。

<おまけ>
そのすごいと思った人に対して「素晴らしいですね!」と心から言えると自分にも素晴らしいことが帰ってきます。
何かって言うと、『誰かにすごいですね!』と言えるのは、実は自分自身への最大の賛辞なのです。
試してみてください。
きっと実感できると思います。