他人の悪口を言わない、たった一つの理由

他人の悪口を言わない、たった一つの理由

誰でも、腹が立つ事はあります。
好きではない人もいるでしょう。
虫の居所が悪いときもあると思います。

聖人君子ではないので、それが普通のことです。

それでも、一部の人たちは決して他人の悪口を言いません。
なぜでしょうか?

それはその人たちは、「人の悪口を言うと、自己評価が下がる」と 知っているからです。
ここ数回でお伝えしているように、自己評価を高めることが、成功や幸せへの絶対的な近道です。
日々、自己評価を高めるために様々な工夫をしているわけです。

ですので、わざわざ日々の努力を無にするようなことは避けているのだと思います。

もちろん、人を傷つけないようにするのは大事です。
でもその前に、自分を大事にするのはもっと大事です。
自分を大事にしている人は他人を傷つけるようなことはしません。

自分を大事にする近道は、「他人の悪口を言わない」だったとしたら、ちょっと意外、でも深い真実ですよね。