日々に行き詰まりを感じているとしたら

人生が一本道に感じられるとしたら、他にもゴールを持つことが必要です。
家と職場の往復で週が終わるようであれば、やはりたくさんのゴールを持つことが必要です。

ゴールというと、職業上のゴールのことだと思いがちですが、他にもたくさんのゴールがあり得ます。
典型的なものをいくつか挙げます。

「健康」
「家族」
「友人」
「趣味」
「教養・学問」
「運動」
「地域社会」
「宗教」(人によって)

などなど。

それぞれ、素晴らしいゴールを持っていいと思います。

例えば、「健康」では、『毎日スッキリと目が覚めて、疲れはとれており、体に痛みはなく、気分も爽快で日々を過ごしている』などというゴールを持っていいと思います。もちろん、あくまでも例です。
「家族」では、『家族と深い信頼関係で結ばれていて、それぞれ独立しつつも、必要な場面で協力しあって生きている』などというのもいいかもしれません。

このように、ゴールはたくさん持っていてよくて、しかもそれぞれがエレガントなものでいいと思うのです。
最低8つのゴールは持った方がいいでしょう。
たくさんのゴールがあると、色々と手がまわらないことが心配になる人もいるかもしれませんが、案外大丈夫です。
複数のものを同時に無意識に置いて目指していると、全体を包括した、より高い次元の自分になることができるものなのです。

毎日に行き詰まりを感じているという方は、ご自身のゴールを考えてみると楽しい気分になると思います。
それも最低8つ。
ぜひトライしてみてください。