頑張っているけれど、足りないとき。「がっかり、もう一回」サイクル

頑張っているけれど、足りないとき。「がっかり、もう一回」サイクル

僕はいつもこの壁にぶつかっています。

頑張っても、足りない。

できないことがたくさんあります。

 

全力でやっても、思い通りの結果が出ません。

そのたびに、毎回、がっかりします。

 

でも、大事なのはここからです。

今日は、その秘密をお話しします。

 

いつも息子に話すことがあります。

算数の問題を間違えたら、それは嬉しいこと。

 

なぜなら、直すチャンスがあるから。

今、間違えたのは次にできるようになるため。

今、間違えて悔しいと思うけれど、次にできればもう悔しくないよね。

「うん」

 

だから、今、直そう。

今、覚えよう。

 

もしかしたら次にまた間違えるかもしれないけれど、その時はその時。

もう一度やり直そう。

 

頑張っても、思い通りにいかないことはたくさんあります。

それでも、「もう一回」とやっていけば、前よりもうまくなります。

それでいいんじゃないかな。

 

これを、「がっかり、もう一回」サイクル、と呼んでみようかな。