ギブ

ギブ

ギブ。

生き延びるためには多く受け取りたい、という本能を越えて、与えることの大切さを説く人が増えている。

一方で、「与える?」「ギブ?」
それって偽善か戦略、技でしょう?
と思っている人も、常にたくさんいる。

確かに様々な動物で利他的な行為は観察されますが、やはり他人のために何かをできるのは間違いなく人類の進化の証でしょう。

最近、私にはお気に入りのアファメーションがあります。

「あなたは常に周りの人にGIVEできる機会を探している」

というものです。

この言葉は私の無意識に深く浸透して、ますます自分らしくなっていくことができるのを感じます。

この感覚、分かる人には分かってもらえると思います。

そして、なぜかその方が人生は成功していくんですね。
不思議なことに。

やってみると、わかります。
面白いものです。