まじめな人ほど陥りやすい落とし穴 Vol.4

まじめな人ほど陥りやすい落とし穴 Vol.4

過去の記事で、この5つの項目のチェックが少ない人成功しやすいと、書きました。

私は、
◻ あまり失敗しないほうだ
◻ 周囲からの評価が高いほうだ
◻ やりたくないことは先に片付けてしまうほうだ
◻ できるだけ一人で頑張るほうだ
◻ 目の前のことを一生懸命やっていれば、お金は後からついてくると思う

今日は、3つ目の項目です。

私は、「やりたくないことから先に片付ける」のが仕事の順番として悪い、などと言いたいわけではありません。むしろいい方法かもしれません。
にも関わらずこの項目を設けたのは、この問いの本質が、そもそも「やりたくないことをやっている」というのはどうなんだ、という点にあるからです。
私は、「やりたいこと」だけをやって生きるのが理想だと考えていまして、当たり前のように「やりたくないこと」がある人生から脱却できたら幸せになれると思っています。

「そんなの無理だよ」と思う気持ちももちろん分かるのですが、それ自体が自分への制約となっています。
「やりたいこと」に囲まれるために、「私はやりたいことだけをやって、豊かに幸せに生きている」というゴール設定をしている人がどれだけいるでしょうか?

このゴール設定をしておけば、日々、少しずつでもそちらの方に向かっていきます。
そして、いつか実際にその日が来ると思います。

私自身も、10年ぐらいはかかりましたが、そのような状態を手に入れることができました。

「すべてやりたいことなので、どれから片付けても楽しい!」という状態がゴールの一つなのかもしれません。
「やりたくないこと」に囲まれているのが当たり前、と思うのだけは避けたほうがいいと思います。

次回に続きます。