CEOコーチング®

CEOコーチング®とは

CEOコーチング®は、ゴールドビジョン®メソッドとCEOコンサルティングの

二つの要素から成っています。

<ゴールドビジョン®メソッド>

コーチングの生みの親、ルー・タイス氏と世界的認知科学者の苫米地英人氏直伝の認知科学による世界最先端のコーチング理論・技術を完全習得した久野和禎(ひさのかずよし)が、自身の複数のベンチャー企業での経営経験、外資系大企業でのマネジメント経験、そしてエグゼクティブコーチング経験を生かして、特に経営者、トップビジネスマンが成功するために必須の脳の使い方を抽出して磨き上げたエグゼクティブコーチング・メソッドです。
CEOコーチング®の枠組みの中でのゴールドビジョン®メソッドは、主にCEO、社長、役員などの組織の経営者、リーダー層向けにアレンジされています。

ゴールドビジョン®メソッドでは、認知科学に基づいた最適なマインド(脳と心)の使い方を学んで頂きます。その際、組織としてどのようにして成功するかについても深く掘り下げます。
これを実施することによって得られる価値は多数ありますが、主なものを挙げると以下のようになります。

  1. 現状を大きく超えた「組織のゴール」を設定することができるようになる。
  2. 「組織のゴール」を前提として、そのゴールを追求するための戦略を構築する力が高まる。
  3. 経営者自身が常に最高のパフォーマンスを発揮することができるようになる。
  4. 自分だけでなく、組織のメンバーのパフォーマンスを高めることができる。
  5. 組織を活性化させ、業績向上を図るとともに優秀人材を容易に確保できるようになる。

<CEOコンサルティング>

コノウェイ代表の久野は、これまで従業員1名から13万名まで様々な企業の経営とその経営をサポートする業務に携わってきたため、企業経営を実際に目の当たりにし、かつその中で様々な業務を経験してきました。
また、国内トップクラスの筑波大学MBAを首席で修了した実績があり、経営及び経営管理についての深い知識と経験を有しています。
通算での経営経験は10年を超え、10万人規模の大企業にも複数在籍していたことから大企業ならではの仕事の進め方にも精通しています。

これらの知識・経験を生かして、現在では多数の経営者に対してPtoP(パーソン・ツー・パーソン:1対1)のコーチングを実施しており、その中で経営トップ以外には知り得ない苦悩の解決や、トップ目線での経営判断のサポートを数多く行っています。
単に経営者の壁打ち役として話を聞くだけではなく、認知科学に基づいたマインドの使い方をお伝えしながら経営者の可能性を最大限に引き出し、組織の飛躍に貢献します。
もちろん必要に応じて、個別の案件に対しての具体的なアドバイスを提供することも行っています。

<経営コンサルティングとの違い>

経営コンサルティングは、経営者に代わって課題を解決するのが役目です。場合によっては、課題解決後に実行まで担う場合もあります。

これに対してCEOコーチング®の本質はコーチングであり、基本的にはクライアントが自分で考える力を高めることを目指します。企業が自らの力で課題を解決することが理想だと考えるからです。
ただし、経営の現場ではスピードが重要となりますので、状況によっては課題解決を優先して速やかにアドバイスを提供します。その場合には、それらのケースを用いながら後からマインドの使い方を練習するという形を取ります。

トピックス

お問合わせ・ご予約申込み

お問合わせ