「起業」で成功するために必要なこと~認知科学の視点から分かること~

起業には明らかに成功の秘訣があります。
でも、もちろんその事実は知られていません。

たくさんの成功要因があるようで、実は押さえるべきポイントは少ないのです。

世の中に「起業塾」はたくさんあるようですが、これから書く内容を押さえているかどうかは確認が必要かもしれません。

何かというと、それはマインドの使い方です。

当たり前かもしれませんが、私たちが行う全てのことは脳からの指令によって行われます。

ですから、その根っこの脳の使い方が肝になるのです。

 

起業の場合は、「エフィカシー」と呼ばれる自己評価がカギを握ります。

ゴール設定」はそこまで重要ではありません。

起業する人には当然、高いゴールがあるからです。

でも、エフィカシーは高くない場合が結構あります。

あるいは、高すぎる場合があります。

どちらもスコトーマを生んで、見ないといけない厳しい事実を見過ごします。

 

ビジョナリーカンパニーで有名なジム・コリンズは言います。

“Confront the brutal fact”=「厳しい現実を見なさい」

彼の研究は起業に関してではありませんが、同じことです。

 

「厳しい現実を見ること」が、起業の成功に絶対に必要なことです。

 

ラッキーでうまく行く人はいます。

でも、多くは景気の変動に耐えきれなくて流されていきます。

2011年の東日本大震災以来、強烈な不景気は訪れていません。

創業7年以内の方も含め、改めて起業に何が必要なのかは誰もが一度、脳科学の視点から学んでおいて頂く価値はあると思います。

そのための研究会を開始しますので、ぜひ足を運んでみて下さい。

詳しい情報はこちらへ↓↓↓

コーポレートコーチング実践研究会「失敗しない起業~独立起業する上で必ず避けたいポイントを認知科学から考える」

https://www.facebook.com/events/1860458993988672/

 

お申し込みはこちらへ↓↓↓

https://asp.jcity.co.jp/FORM/?UserID=cca&formid=127