「年次評価廃止」の流れに合致した、コーポレートコーチングが本格始動

「年次評価廃止」の流れに合致した、コーポレートコーチングが本格始動

ご存じの方も多いと思いますが、アメリカの先進的な企業は「年次評価」を廃止し始めています。
「年次評価」、そう、あの人事考課です。

理由は、単純。
「生産性」を下げるから。

実は私も長いことそう思っていました。

「これ、逆効果じゃないかな?」とずっと思っていました。

会社に所属しているとき、毎年、仕方なく人事考課を行っていました。
私一人だけが「やりません」と言うのもさすがに無理があります。

でも、「年次評価廃止」の流れを聞いて、「そうか、同じことを思っている人がいたか!」ととても嬉しい限りです。
プロコーチとして独立している現状からは当然、全面的にサポートします。

実は、コーポレートコーチングはそのような問題意識もあって作りました。
「働く人はもっと自由に力を発揮していいのではないか」
そんな課題意識があったのです。

そして、数年間をかけて、苫米地英人博士の指導の元、私と田島大輔さんとで作りあげてきたコーポレートコーチングのプログラムがついに本格始動します。
今日からテキストをバージョンアップした後の初回の講座です。

コグニティブ・コーポレート・コーチングはすでに日本を代表する超一流企業への導入が決まっており、関心を持って下さっている企業も増加しています。

理由の一つとして、「年次評価廃止」の流れと、私たちがお伝えする内容が、驚くほどぴったり一致するという事実があります。
どちらも世界最先端の、「認知科学」「脳科学」を背骨に持っているから、一致するのは当然のことかもしれません。

今日、あと2時間後から開講しますので、そろそろ出かけなければいけません。
世界の流れを私たちが作ったプログラムがサポートできると思うと、大変嬉しい限りです。

10月開催は今日からですが、11月はまだ空きがありますので、「年次評価廃止」に備えたい経営者や上級管理職、そして企業人事部の方もお待ちしております。

コグニティブ・コーポレート・コーチング講座のサイト