書くと実現する不思議 ~エンディング思考の魔法

結末から考える。
これを「エンディング思考」と呼んでいます。

映画も演劇も、本も、結末を決めてから書き始めると思います。
もちろん、もしかしたら中には書きながら考えるケースもあるかもしれません。

でも、多くは結末が見えているはず。

私がお伝えしている「ゴールドビジョン」というコンセプトは、実は「エンディング思考」のことです。

「ゴールから考える」=「エンディング」から考える。

 

同時に複数のエンディングがあっていい。

それが「エンディング思考」の特徴です。

 

今日のエンディング。

明日のエンディング。

この仕事のエンディング。

このプロジェクトのエンディング。

この旅行のエンディング。

子育てのエンディング。

この夢のエンディング。

この人生のエンディング。

 

いくらでも考えられます。

そういったたくさんのエンディングをいつも思い浮かべながら、日々を過ごす。

ごく自然と充実した未来志向の生き方になります。

 

エンディングには先があります。

その先のエンディングもあるからです。

いくつもいくつもあります。

それでいいと思います。

 

そして、エンディングは書くと実現します

不思議とそうなります。

 

シンプルで、取り組みやすい「エンディング思考」。

新しい生き方。

 

「エンディング思考」