テンプル大学日本校でCognitive Psychology (認知心理学) の講座を教えています

9月8日(土)にInformation Sessionが行われました

テンプル大学日本学校(TUJ)で講師として教え始めてすでに3年が経ちました。

年に3セメスター(学期)教えていて、一学期が8回の授業なので、年間で24週間教えています。

私の授業は月曜日の夜に行われるため、国民の祝日に重なることが多く、その場合は次の週に延びるので、平均して9週間の講義があり、結果、年の半分はテンプル大学に関わっている計算になります。

そうなるともう完全に生活の一部で、講座が始まったことをこちらで書くことすら忘れてしまう感じになっていました。

たまにはテンプルでどんな活動をしているかを書いてみたいと思います。

 

 

テンプルでの授業は英語での講義になりますし、多国籍セッションになりますので、実に多彩です。

私にとって、とても楽しい時間です。

 

今日は、まず先日のInformation Session(受講希望者が講座について聞きに来るオープンキャンパスのようなもの)の様子を写真とともにお伝えします。

<学長の挨拶>

テンプル大学はアメリカの大学なので、学長ももちろんアメリカ人

アメリカはもちろん、日本の教育にも精通した方です。

 

<受講生の国籍を表す国旗>

テンプル大学日本校では、世界各地から生徒を受け入れています。

 

講座ではフィードフォワードやゴールドビジョン®、コグニティブ・コーポレート・コーチングを教えています。

われながら、とても良いクラスですので、英語でコーチングやフィードフォワード、ゴールドビジョン®を学びたい方は、ぜひ参加してみて下さい。

大学での授業なので、金額的には普通にセミナーを受けていただくのに比べるとかなり安いと思います。

 

詳しい講座の情報は以下のサイトをご覧ください

次回の講座は10月1日から始まります。

<日本語サイト>

https://www.tuj.ac.jp/jp/cont-ed/courses/professional/PSY107.html

 

<英語サイト>

https://www.tuj.ac.jp/cont-ed/courses/professional/PSY107.html