「一般社団法人フィードフォワード協会」を設立しました

未来を作るシンプルな考え方、活動の仕方として
フィードフォワードを提唱していますが、
このコンセプトの普及を図るために
一般社団法人フィードフォワード協会という法人を立ち上げ、
代表理事に就任しました。

フィードフォワードは私が、日々行っている活動をそのまま表しています。

耳慣れない言葉ですので、定義はこのサイト内の以下のページにまとめましたが、

https://kazuyoshi-hisano.net/service/feedfoward

 

このページにも定義を記載しておきます。

 

フィードフォワードとは、

現状にとらわれてしまいがちな部下や後輩、配偶者や子供に対して、

コミュニケーションや観察を通して相手の状況を把握し、

相手に起きている出来事やそれにともなって体験している感情を受け止めた上で、

その人が自分のゴールに意識を向けて行動できるように促す技術のこと

 

これは私がまとめた定義です。

このコンセプトは、誰でも、そして誰に対してでも気楽に用いることができます。

扱いやすいツールと言ってもいいかもしれません。

 

私がフィードフォワードというコンセプトを思いついたのは、

数年前にある方に「久野さんと一緒に時間を過ごすととても楽しいし

前向きな気持ちになるんですが、普段どんなことを考えて人と

接していらっしゃるんですか?」

と質問いただいた時です。

 

「そうですね、僕は目の前にいる方の未来がどんな風になるのかな?

どうしたらそれは実現できるのかな?ということにとても興味があるんです。」

と答えたのを記憶しています。

これがフィードフォワードが生まれた瞬間です。

 

私は、子供の頃から周囲の人の未来がどうなるかについてとても興味があって、

しかもなぜかその未来の実現を応援することにやりがいを感じる質でした。

この未来思考は概ね私が前に進んでいくための原動力となってきました。

 

その姿勢そのものが「フィードフォワード思考
」であり、

これを続けていくことで私の周りの人はいつも元気になっていたと思います。

 

それを世の中の誰でもが使いこなせるように、ようやくまとめることができました。

そして、それを広めていくための「フィードフォワード協会」です。

 

詳しいことをこれから少しずつお伝えしていきます。