ビジネス・プロジェクトテーマ決定

1月から物流の仕事に異動になったので、修士論文にあたるビジネス・プロジェクトをどうしようかと考えていましたが、ようやく肚が決まりました。

引き続き「営業組織の強化」というテーマでいくことにしました。
MBAでは、戦略やマーケティングはしっかりやりますが、営業活動にスポットが当たることは稀です。
しかし、現実には営業現場は極めて重要な顧客との接点。
ここに関しての掘り下げを行なわずにビジネスを語ることはできません。

そのことは分かっているけれど、ほとんど手つかずのまま21世紀も10年以上が経ってしまっています。
その理由として、多くの企業に一部のスーパー営業パーソンがいて、その人たちの個人的能力に深く依存して業績が上がっているため、分析を行うのがかなり難しいということが挙げられます。

また、そもそも営業現場は分析をされるのが嫌いで、非協力的なので、分析そのものが進まないという問題もあります。

そういった課題を抱えているため営業という領域は放置され、その体系化という点で他の分野に比べて著しく遅れています。
私自身は営業に関して経験と知識があり、かつ思い入れも強いので、そういった実態を打破するような方法論がないか、模索してみたいと思っています。

さて、どうなることか。