働きながらということによる言い訳は通用しない

先週、一応書けたとお伝えした修士論文ですが、昨日無事に指導教官のOKをもらったので正式に提出をできるようになりました。

なかなか大変でした。

私は学部卒後に大学院を出ていないので修士論文は初めてですが、筑波では(当たり前といえばそれまでですが)仕事をしていることは言い訳にならず、論文として十分なレベルに達していることが卒業の条件になります。
普段の授業は多少、働いていることで甘くしてくれているようですが、論文は手加減はあまり感じません。

他のMBAは分からないので何とも言えませんが、聞くところによると学術的に求められる水準が高いようなので、やはりきついのかもしれません。

しかし、その結果としてかなりしっかりと準備をし、研究をしないといけないのでそれなりの力はつきます。
まだ完全ではありませんが、やって良かった、と心から言えそうです。