新しい一歩

周りを見て、自分がどうするかを決めてきました。
それは日本人としてふつうのコト。
かなり自由に生きているつもりでも、そこから逃れるのは難しいです。

MBAのクラスの中でも周囲を見ました。
私の場合は、周りが授業について来ているかを気にしていました。
みんなで理解して先に進みたかったのです。
ですから、みんなの理解が深まるような質問をする傾向がありました。

本気で学ぶことができれば、もっと多くを先生から引き出すことができたかもしれません。
でも、甘かった。

もっともっと知識と技術を高めたい。
MBAの2年間は楽しかったけれど、必死でやったかと言えばそうでもなかった。
これからは自分の全力を出していこうと、気持ちを切り替えています。

手抜きをしている自分には決別をして本気でやろう。
自分に対してもっと誠実になりたい。
妥協するのはやめるし、最初から限界を決めるのはやめよう。
どこまででも行こう。