「嫉妬」にどう対応するか

仕事であれ、遊びであれ、恋愛であれ、友人関係であれ、うまく行きだすと嬉しいですね。
その喜びを誰かに話したくなると思います。

これはごく自然なことでしょう。

でも、ご存知の通り「嫉妬」というややこしいものがこの世には存在します。
かなりやっかいな「嫉妬」には本当に丁寧に対応したほうがいい、と私は思います。

なぜあなたは「嫉妬」されたのでしょうか?

できれば知りたいですよね。
でも知らなくても別にいいかもしれません。
知っても、たいていは対処できないからです。
「なぜなんだろう?」と考える時間は少なくしてもいいかもしれません。

 

それよりもまず、僕なら「嫉妬」に対する具体的な対策を知っておくことをお勧めします。

これからその対策を書きますが、たぶん簡単すぎて拍子抜けしてしまうと思います。

認知科学的にはこれしかないから仕方がないのですが、正直あまりに簡単すぎます。

それは、これなんです。

 

 

 

『あなたに「嫉妬」している相手と距離を置いて、待つ』

 

以上です。

 

なぜこれしかないかというと、うまくいっているあなたと相手の方の「コンフォートゾーン」の間にギャップがあること、もしくはギヤップが大きくなってしまったことが「嫉妬」の原因だからです。

このギャップは小手先のテクニックでは埋まりません。

 

うまくいくようになるためには、

①相手のコンフォートゾーンが上がる

②あなたのコンフォートゾーンが下がる

どちらかしかないのです。

 

せっかく上がったあなたのコンフォートゾーンを下げるという選択肢はないですよね?

ならば、待つしかないのです。

少し距離をあけて、相手の方のコンフォートゾーンが上がるのを待つしかないのです。

 

焦らずに。

しばらくすれば元の関係に戻る可能性は十分にあります。

でも、元に戻らないこともあります。

それも仕方ないんです。

 

10年の月日が必要となる場合すらあります。

ですから、あなたは前を向いて進んでいくしかないのです。