単語の勉強の仕方

単語の勉強の仕方

先日、会社の同僚に英単語はどうやって身につければいいのか聞かれました。

やはりこの場合もいつもと同じで、極力日本語を介在させないで意味を学ぶということだと思います。
小さい子供が言葉を身につけていくプロセスと同じように、英語で英語を身につけていくのが理想だと思うのです。

そういった意味で、Google日本法人のトップ村上憲郎氏の本、村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につけるから学んだ方法はとてもいいと思っています。
とにかく英単語をたくさん見る、という方法です。
人の顔と名前を覚えるときのように、まず何度も会っているうちに顔を覚え、そして次に名前を覚える。
英単語も、まずはその単語を「見たことがあるけれど、意味は分からない」という状態を経て「見たことがあるし、意味も分かる」という状態になる、というアプローチです。

村上さんによれば1日1万語見るのがいい、ということですが、やってみるとこれはなかなか大変です。
ただ、アプローチとして非常にストレートで理にかなっているのでお勧めします。