“Good question”

"Good question"

"Good question"と言われてどんな気持ちがしますか?

実はこの言葉は「良い質問ですね」という意味を取る場合もあるのですが、「自分には分かりません」という意味を持つ場合も多いのです。

誰かに日本語で「いい質問ですね」と言われたら、相手からレベルの高い答えがもらえると思ってしまうかもしれません。
「いい質問」というからには相手の人もその質問をすでに考え抜いたことがあって、そして答えにたどり着いたような印象を受けるからだと思います。

ただ、残念ながら英語の場合は、”Good question”と言われた後で待っていても、「グッドアンサー」はもらえない可能性が高いと思います。
「分からない」と言っているわけですから。

もう一つ「良い質問ですね」と言われると見下されたと感じる人もいるようです。
「先生が言うならいざしらずなぜあなたにそんなことを言われないといけないのか」と感じるようです。

英語ではそのようなニュアンスは少ないと思いますので、仮に”Good question”と言われても腹を立てたりしなくていいと思います。