フェルミ推定

フェルミ推定

私が大きく影響を受けた本に地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」があります。

ご存知の方も多いと思いますが、フェルミ推定というのは、(以下5行、Wikipediaを参考に)
『例えば「東京都内にあるマンホールの総数はいくらか?」「地球上に蟻は何匹いるか?」など、見当もつかないような量を推定する思考のことです。
フェルミ推定で特に知られているものは、「アメリカのシカゴには何人(なんにん)のピアノの調律師がいるか?」を推定するもので、これはフェルミ自身がシカゴ大学の学生に対して出題したとされている問題です。』

ちなみにフェルミというのは物理学者のエンリコ・フェルミのことです。

このフェルミ推定の考え方は、物事を効果的・効率的に考えるための極めて有用なツールで、普段ご説明している「抽象度が高い思考」に通ずるものです。
具体的には、物事を「結論から」「全体から」「単純に」考えることで、最短で結論にたどり着こうとするものです。

詳しく語りだすと本の要約になってしまいますので、もっと詳しく知りたい方は上述の細谷氏の本を読んでいただくのがベストだと思います。
決して損はしないのでお薦めします。

私自身は数年前にこの本を読んでその方法論を取り入れてから、思考能力が格段に高まりました。
仕事の能力も倍以上になり、収入も大きく増えました。

普段は前から順番に物事を考えている方は、一回目は内容を受け入れるのに抵抗があると思いますが、二回目を読むうちに脳が活性化してきて、別の自分に生まれ変わっていくのを感じると思います。
ちょっと大変ですが、三回も読めば本当に別の人のように頭が良くなるかもしれません。

仕事の能力を高めるためにお薦めする本を10冊選ぼうとしたら、確実にその中に入る一冊です。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました。

地頭力を鍛える 問題解決に活かす「…
細谷 功

ロープライス ¥367
or 新品 ¥1,728
ポイント 52pt

プライバシーについて