心配事を探す癖がある人へ

心配事を探す癖がある人へ

悪いことを考えることが習慣になっている人はけっこういるようです。
そういう人は、いつも何か心配事を抱えています。

どうも心配事を抱えている状態に慣れてしまって、むしろその状態が快適になってしまっているようですらあります。
そういう人に聞いてみると、やはりいい状態が続くと心配になるそうです。

そうして次の心配事を探し始めてしまうそうです。

コーチングの言葉で言えば、心配事を抱えている状態がコンフォート・ゾーンになっている、ということでしょう。
どうやったら抜け出すことができるのでしょう?

もちろん「心配事を抱えていない状態」がコンフォート・ゾーンになればいいのです。
ではどうやって?

それはいつものヴィジュアライゼーションです。
「心配事を抱えていない状態」=「幸せで快適な状態」なので、そういった状況をイメージすればいいのです。

その前に、自分が心配事を探す癖がある、ということを自覚するだけでかなり予防できると思います。