目標を壁に貼る

目標を壁に貼る

古典的な方法ですが、私も長いこと自分の目標を紙に書いて部屋に貼っていました。
文字に書いて貼ってあるだけでなく、実際に実現させたいイメージの写真を雑誌などで見つけてきては、切り抜いて壁や時には天井に貼っていました。

10年前に貼っていた、「こんな家に住みたいね~」という内装がすっかり忘れていたのにいま再現されているのには夫婦で苦笑してしまうほどです。特にキッチンと自分の書斎。

この方法自体は様々な自己啓発の本に載っていますが、私は事業をやっていた頃に聞いた講演で、どなたかから聞いた話を素直に実践しました。
そして10年ですべて実現しました。

最近はわざわざ写真を貼らなくても、脳の中でビジュアライズするのがうまくなったので、やらなくても何とかなるのですがやっぱりやった方が推進力が出るんだろうな、とオリンピックを見ながら思う日々です。

現状をはるかに超えたゴールを掲げることが新しい自分になるために絶対必要な方法なので、ビジュアルの力を借りることに躊躇する必要はないのでしょう。