恒常性維持機能:最大の味方ですが足を引っ張ることも・・・

恒常性維持機能:最大の味方ですが足を引っ張ることも・・・

ホメオスタシスという言葉を聞いたことがあるでしょうか。
恒常性維持機能という言い方でもいいと思います。

すなわち、現状を維持しようとする力です。
私たち生物はみなこの恒常性維持機能のおかげで無事に生きていけると言います。

今のように暑くなれば汗をかき、寒い時には震えて体温を高める、そういった例が最も分かりやすいかもしれません。

この機能、生命の維持にはとてもとても大事なのですが、実は目標達成のためには障害となります。
現状を維持するための機能ですので、今とは違う目標を達成するために頑張ると、あと少しで達成するという時に、急にヤル気がなくなったり、理由をつけてやめてしまいたくなったりします。
それは現状を維持しようとする心の機能が自分を守るために作用しているのです。

もちろんありがた迷惑かもしれませんが、この機能、自分が現状から転落するのを防止する機能も果たしてくれるので、その意味では大変ありがたいのです。
そういったいい面もあるにはあるのですが、現状維持の力に身を任せていると日々現状の中で生きることになり、大きな飛躍は望めなくなります。

ですから、現状を変えるためには、そういった現状維持のメカニズム、ホメオスタシスが働くことをしっかりと認識しておくと対処がしやすくなります。
ダイエットのリバウンドが典型ですが、痩せ始めると太る原因となることが起き始めます。飲み会などが急に多くなったりします。その飲み会自体も自分で引き寄せているのですが、その時に、「ああ、これは現状維持の力によって起きていて、これ以上痩せないようにという私自身を守ろうという機能がこういった出来事を引き起こしているんだな。ありがたいけど、必要ないので、自分の意志で痩せるために、そういった誘惑とは今は縁を切ろう」と考えることができれば、自分自身のゴールに向けて進むことができるのです。

このことを知っておくだけでだいぶ違います。

現状を維持する力は強固で、どんな人でも目標に向かっていく途中で何度か立ち現れます。
「ああ出てきたな」と思えるようになればどんなことでも実現できる自分になります。
ぜひ試してみてください。

さて、これだけでも効果絶大ですが、もっと効果的なゴールの達成の方法もありますのでそれは次の機会に書きたいと思います。