10年後にすごい自分+ニュースレターの案内

10年後にすごい自分+ニュースレターの案内

「前に進む言葉」と「現状を表す言葉」。

ドライブがかかる言葉は存在します。
このようになる、と明確に示す言葉です。

私たちはそれをアファメーションと呼んでいます。
自分自身に説得するという意味です。

その言葉を発することによって自分の中に取り込んでいく。
そのことによって自分自身の無意識を変えていく。
自分にとって望ましい方向に変えていく。

一方、「現状を表す言葉」は確かに一定の価値があります。
スタート地点を確認できるからです。

でも、行きたいところが分からないで現在地を確認しても、そこにいることが分かるだけです。
就職活動で「自己分析」をするそうです。
悪いわけではないのですが、先に行きたいところを決めないと、ただ今の自分が分かるだけです。
しかもたいていは大したことがない自分に気がつくだけです。
そして自信を失います。
行きたいところを定めて、その上で自分の位置を知ると意味があります。

ただ、半年前に慌てて行きたいところを決めても就職活動では間に合わないかもしれません。
ライバルは10年かけて準備してきているからです。
私は東京大学にいたので、10年以上前から準備していた人たちをたくさん知っていました。
いい学校→いい会社=幸せ、だとは思いませんが、にわか仕込みでは間に合わないのも事実でしょう。

だったら、今から長いプランを立てて遠くのゴールに向かって進めばいいと思います。
未来の自分を決めれば、その通りになります。
実は宇宙はそのように出来ているのです。

悔しいと思っても、今から10年後の自分をすごくすることは誰でもできます。
10年は長いと思うかもしれませんが、すごい結果を出している人は10年どころか20年、30年とやり続けています。
やればできます。

追伸、きちんとニュースレターを書くことを決意しましたのでよろしければこちらからお申し込み下さい。
ニュースレターでは、ブログではちょっと書けないことをお伝えしていこうと思っています。

CEOコーチング 久野和禎のニュースレター