孤独な社長の大変さ

「社長は孤独である」とよく言われる。

本当にそうだろうか。
社長の周りには人がたくさんいるので、にぎやかそうにも感じる。

社長の孤独さを理解するためには、社長の責任を知る必要がある。

社長は、社員の生活を支えている。

重量挙げのように、両腕を伸ばして、頭の上で組織を支えている。

だから、かなり大変だ。

 

それだけではない。

社長は、会社の顧客の満足度を支えている。

100人の顧客がいれば100人の、1000人ならば1000人、1万人ならば1万人の満足度を支えている。

 

大きな会社なら数百万人の顧客がいる。

社長は、数百万人の顧客満足度を支えている。

当然、かなりの腕っぷしが必要である。

 

CEOコーチングでは、そんな社長を支える。

数万人の社員、数百万人の顧客を支える社長を、後ろで支える。

だから、CEOコーチングをやるにも、かなりの腕っぷしが必要だ。

 

社長にも相談相手が必要。

そしてクライアント100%で話を聞いてあげるのがCEOコーチング。

社長の孤独は消えないけれど、少しでも気楽に経営を続けられるように。