社長の伸ばし方(部下に出来ること)

オーナー社長は何でもできる。

その分、社長の実力がそのまま会社の実力に反映される。

社長が勉強して、考えて、行動すれば会社は伸びるし、
勉強しなくて、考えなくて、行動しなければ会社は伸びない。

会社には社長の実力がそのまま反映されてしまう。

 

実力はどうやって決まるかと言うと、

社長自身の「ゴール」で決まる。

 

そして、「エフィカシー」で決まる。

自分ならできる、と思える度合いのことだ。

 

実力不足の社長の下についた社員は気の毒だ。

社員の期待に応えるためにも社長は常に成長しないといけない。

たくさん勉強して、考えて、行動しないといけない。

それが嫌なら、きっと社長には向かない。

 

社長がダメでも、たいていの場合、部下は社長にコーチングはできない。

上の人にはコーチングはやりにくいし、やってもとても効きにくい。

 

社長を変えたいならフィードフォワードが効果的だ。

フィードフォワードなら、社長にも上司にも出来るから。

もちろん親や配偶者にもできる。

友達にもできる。

コーチングをしにくい相手にでもできるから、とても応用範囲が広い。

 

 

そして、誰でもできる。

 

話を戻すと、社長は成長しないといけない。

そうしないと会社は行き詰まる。

だから、会社全体でフィードフォワードを活用することを推奨する。

 

そうすればどんな社長でも立派になれる。

 

ちなみに立派な社長というのは、

社員を大事にしながら会社を伸ばしている社長だと思う。

 

そんな社長になりたいですね。

なりましょう。