フィードフォワードとは

Feed Forward

現状にとらわれてしまいがちな部下や後輩、配偶者や子供に対して、 コミュニケーションや観察を通して相手の状況を把握し、 相手に起きている出来事やそれにともなって体験している感情を受け止めた上で、 その人が自分のゴールに意識を向けて行動できるように促す技術のこと


欧米ではごく一般的に行われている人材育成技術のフィードバックの良さを生かしつつも、
欠点や改善点の指摘に終始することを回避し、未来に目を向けてより具体的な変化を起こしていくことに
重点を置いている、よりポジティブで生産的なコミュニケーション手法である。

未来に目を向けるプロセスで自然と自分の課題を発見し、改善していくことができるため
自主的・自発的な成長を促すことができる。

フィードフォワードを行う人を「フォワーダー」、フィードフォワードを受ける人を「レシーバー」と呼んでおり、その役割は固定的ではなく、誰でも状況に応じてどちらの役割でも果たすことができる。
「フォワーダー」は「レシーバー」の成功に対して、純粋な関心と支援する姿勢を持ち、「レシーバー」が未来に目を向けるのをサポートを行う。

自分で自分自身にフィードフォワードを行うことも可能。
その場合には一人で「フォワーダー」と「レシーバー」の両者の役目を担うことになる。